横浜・山手 歯科技工所:株式会社ウェルデント

取扱い補綴物

Dental prosthesis

ハイトランスジルコニア

ハイトランスジルコニア

高強度と透光性の両立

ジルコニアとは、近年需要が拡大しているセラミック系の歯科材料です。
従来のセラミックではあり得ない強度から、別名「白い金属」と言われています。奥歯などで生活歯が十分に削れないケースにおいて破折等のリスクを最小限に抑えることができます。ただ、天然歯と比べると透光性はやや劣ります。

そこで、ウェルデントは独自の技術により、高強度と透光性の両立したハイトランスジルコニアを実現しました。特にインレーではその透光性により、残存歯質との調和が期待されます。

ジルコニア

ジルコニア

耐久性と美しさを誇る純国産製

キュービックジルコニア(人造ダイヤモンド)として良く知られているものと同系の素材です。 ただし、キュービックジルコニアとは違い、より耐久性を追求する素材として開発されているため、ジルコニア自体の透明性は高いとは言えません。しかし、その耐久性と体に優しい素材として近年特に注目されています。 後述のジルコニア+セラミックの複合で、自然な透明感を再現でき、見た目の美しさも併せ持った被せ物も作成できます。

ウェルデントでは、陶器メーカーで有名なノリタケ社のCAD/CAMシステム「刀(カタナ)」を採用しており、原材料から最終補綴装置までを全て日本国内で製造・制作されるジルコニアとなります。このシステムにより純国産ならではの高品質な補綴装置を提供できます。

カタナジルコニアディスク

美しく自然なグラデーション

カタナジルコニアディスク「ML(Multi Layered)」はディスクが色調の異なる4層のジルコニアから構成されており、ステイニング(着色)することなく、美しいグラデーションを持ったジルコニアクラウンを作製することが出来ます。
また、ジルコニアを土台として、透明度の高いセラミックを盛ることによってメタルボンドよりも自然な色調のクラウン(被せ物)が作成できます。金属を一切使用しないことで、金属アレルギー等の心配もありません。

IPS e-max プレス

IPS e-max プレス

天然歯に限りなく近いセラミック

ポーセレンプレスファーネス「Programat」により成型される、強化セラミックの補綴装置です。 十分な透光性を発揮し、前歯を含み幅広く対応できます。 Programatの繊細な圧力制御により強化セラミックの持つ強度を損なわず、通常のポーセレンセラミックの約4倍の曲げ強度を誇ります。 e.maxを土台として、透明度・色調の優れたセラミックを盛ることでメタルボンドよりも自然な色調のクラウン(被せ物)が作成できます。

しかし、ジルコニアや金属より強度に劣るため歯を多く削らなくてはならない点や、咬み合せの状態(歯を食いしばる方や歯ぎしりする方)によっては割れてしまう可能性もあるため、ケースバイケースでジルコニア・メタルボンドと選択肢が分かれることもあります。 金属を一切使用しないことで、金属アレルギーの心配はありません。ジルコニアと比較して、強度的には劣るものの、高い透過性があるため天然歯とよく馴染みインレー(詰め物)やラミネートベニヤ(薄く削った歯の表面だけ覆う物)などにも有効です。

メタルボンド

メタルボンド

金属補強で高い耐久性

金属の土台にセラミックを盛りあげたクラウン(被せ物)です。
その土台は金属を溶かして成型するため、様々なケースに対応できるのが特徴です。しかし、金属の色味を消して透明感の高いセラミックを盛る必要があるため歯を多く削る必要があります。見えにくい所や、咬みあう所だけ金属を表に出すことにより強度を確保することも可能ですが、見た目を気にされる方もいらっしゃいます。但し、金属アレルギーの方には使用できません。

CAD/CAM冠

CAD/CAM冠

優れた強度と審美性

健康保険適応のハイブリッドレジンジャケットクラウン(強化プラスチック)です。自社の加工機でレジンブロックの削り出しを行っています。適応できるのは現在小臼歯のみですが、金属を一切使用せずに保険で治療が可能です。

※こちらの技工物のお取り引きには、各自治体厚生局への申請が必要です。

エステショットブライト

エステショットブライト

義歯床用熱可塑性レジン

従来の義歯で使用していた金属製のクラスプを使用せず、義歯床と同じ素材で製作できるので、審美性に優れています。また、即時重合レジンと接着するため、簡単にチェアサイドでの修復が可能になりました。

その他の補綴物

健康保険適応のインレー・クラウン・前装冠から義歯まで幅広く対応しておりますので、その他の補綴物に関してのご質問や、ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せ下さい。

お電話でのお問い合わせはコチラ

045-319-6468